車庫証明は自動車関係の手続きにおいて頻繁に取得しなければならない書類の一つです。代行取得することが多く、その代行取得を業務としてしてもよいとされる行政書士などに大抵の場合は依頼することが多くあります。
この依頼料を少しでも減らしたい場合などは、自分でもこの書類は作成、届け出ることが可能です。書類の様式についても、また届け出る先も住んでいる地域を所管する警察署になりますので、警察署の交通課に行けばカウンターのようになっているところがほとんどですからそこでこの申請がしたい旨を言えば、丁寧に説明をしてくれます。
賃貸で住宅及び駐車場を借りている場合には、貸してくれている人がその駐車場を貸している旨の書類の記載が必要になります。こうした書類についても警察署で書式がありますので、自分で申請する際には書式を取りに行った際に窓口の担当者に、賃貸で駐車場を借りている旨を伝達すれば様式を渡してもらえます。
記載するべき書式は駐車場の場所などを明記する必要がありますが、記載方法にもコツのようなものがあり、主要幹線道路などがあればそれの記載が必要な場合もありますし、他にも目印となるようなものの明記が必要になります。