自動車を購入すると同時に、自動車の保管場所を確保しているということを証明する車庫証明というものが必ず必要になります。これは公共スペースを駐車場替わりにすることを禁止し、交通障害を未然に防ぐために作られた法律でもあるので、必ず守らなければなりません。一般に自宅の敷地内に車の出し入れが可能で車全体が入ることが車庫証明取得の規定となっています。そして、車庫証明の手続きは書類やハンコを持参し最寄りの警察署で行います。こうした手続きは案外面倒なもので、書類に不備があると書き直しが必要ですし、警察署は基本平日のみなので社会人の方はなかなか行けません。そこで便利なのが、これらの申請を行政書士に代行してもらうことです。顧客の依頼に応じて書類作成や各種手続きを代行してくれるので、日中働いてる時間でも車庫証明を取れるというメリットがあります。しかしデメリットとして、依頼料が取られます。自分で車庫証明を取得した場合3000円程度ですみますが、代行を依頼した場合当然お金が発生するので、代行依頼をする場合は必ず事前に、ホームページ通じて無料見積りをだしてもらうか、直接足を運んで料金や必要書類の確認をしておきましょう。