自動車を購入する際には、所轄の警察署で車庫証明を交付してもらう必要があります。
車庫証明とは、自宅から2キロメートル以内に、車両の保管に十分なスペースで24時間入出庫が可能な保管場所があることを証明瀬売る手続きで、これがないと自動車を購入することができません。

 駐車スペースが自分の持ち物の場合は保管場所使用権原疎明書面(自認書)、賃貸している(または無償で使用を許可されている)場合は土地の所有者や管理者から保管場所使用承諾証明書を記入してもらいます。
記入にあたっては、これから車を所有して使用する本人と、その土地について権利がある所有者または管理者、両方の記入が必要です。賃貸の場合はオーナーまたは管理会社に発行を依頼します。
個人経営の駐車場ではなく、駐車場業を経営しているような大規模なオーナーや、管理の不動産会社に記入用紙がある場合もあるので、依頼時に問い合わせ、なければ警察署またはインターネットからダウンロードできるので持参して、記名押印をしてもらいます。
記名押印以外の車種や保管場所の所在地などの記入欄は所有者の自書などの条件はないので、未記入部分があったら自分で記入するか、自動車販売店のスタッフにそのまま渡して後の手続きを任せることができます。