自動車の名義変更には新しい所有者の車庫証明が必要となります。どこに自動車を駐車するのかについて警察に届け出るというのが趣旨ですが、その手続きは決まった用紙に丁寧に記載する必要があることと、目印になるようなものを記載する必要があるなど一定のルールがあります。あまりにも地図の内容が汚い場合などは却下される可能性もあります。
逆にこれらを自分で行うことができれば、行政書士などに依頼する依頼料が削減できるメリットがあります。他者に依頼すればその費用負担が発生しますから、お金がその分かかってしまうことになります。
名義変更にはこの書類以外にも必要なものがいろいろあります。所有者の印鑑登録証明などもそうですが、こうした書類を自分でそろえることができれば行政書士や自動車屋に依頼する必要がない分、依頼料がかからないために安く処理ができます。
陸運局での自動車の移転登録や変更登録などは自動車屋に任せなくても自分でできますから、諸経費を安く抑えたい人は自分で手続きをするのも一つの方法です。月末など陸運局が忙しい時期は避けて、比較的窓口が開いている時であれば職員が丁寧に教えてくれますから、自分でやってみるのも一つの手です。